運営団体について

「ユニバーサルデザイン海外事情」は、内閣府認証 特定非営利活動法人 実利用者研究機構の運営するサイトです。

実利用者研究機構は、ユニバーサルデザイン基盤研究をはじめ、行政機関や世界有数企業からの依頼により、ユニバーサルデザイン運用システムの構築、ガイドライン・制度化におけるコンサルテーション、ユニバーサルデザインコーディネーター教育(UDC)をはじめとする人材育成、ユニバーサルデザインコーディネーター検定、国際規模のシンポジウムにおける講演活動など、ユニバーサルデザイン発展のために「実」のある活動を推進しています。

実研オリジナルブランド

ユニビズ
・企業・団体向け集団研修の開催
・個人向け講座の開催
ユニバーサルデザインコーディネーター教育&試験
・学校等の教育機関へのカリキュラム導入&教材の無償提供
・ユニバーサルデザインコーディネーター検定の実施
・認定カード・認証証書の発行
使いやすさ検証済認証制度®
・使いやすさ検証済認証委員会による審査
・認定マークの付与
実利用者ユニバーサルデザイン認証
・実利用者ユニバーサルデザイン認証マーク付与の審査
・認定マークの付与

実研のサービスメニュー

■教育機関のユニバーサルデザイン教育を支援する活動
・社会科見学、修学旅行の無償受入れ
・小中学校への無償ゲストスピーカー派遣
・UD教材の無償提供
・インターンシップの無償受入れ
■ユニバーサルデザインの正しい知識を広める活動
・UD資料館の運営
・講演・セミナーの受託
・体験イベント
■監修・指導・情報提供
・商品やサービスの高齢者・障がい者対応への助言・監修
・報道機関・メディア等への情報提供
・様々な障がいに対応するためのコミュニケーション指導&監修
・書籍や教材等への記載内容についての監修
■関わる人全員のためになる、現実的で効果的な障がい者・高齢者対応に関する研究
・障がい者・高齢者対応取り組み企業実態調査
・障がい者・高齢者対応商品・サービスの利用実態調査
・現実的で効果的な障がい者対応・高齢者対応に必要な知識やノウハウに関する研究
・実際の利用者の状況を的確に反映させるために効果的な調査法や改善プロセスに関する研究
・利用者評価を商品・サービスに的確に反映するための方法の研究
・企業と利用者の双方が価値を実感出来る障がい者・高齢者対応を生み出す方法に関する研究
・利用者へ正しい知識・情報を伝えるための研究
・海外30カ国と日本の公共施設の障がい者・高齢者対応比較調査(フィールドワーク)


特定非営利活動法人(内閣府認証)
実利用者研究機構
〒135-0016 東京都江東区東陽5-31-21川崎ビル3F
電話:03-6666-8925、ファックス:03-6685-7443
※2017年9月1日よりFAX番号が変更になりました。 これまでのFAX番号はすでにご利用いただけませんのでご注意ください。