マドリッド(スペイン)の駅ホーム

■写真 ■対象
spa_station05.jpg 駅ホーム
■場所
マドリッド市内 アトーチャ駅
■状態
フラット
■誰のために、誰が作ったか、何のためのものか
市民、国、移動
■ポイント
電車とホームとの間は段差が少ない。階段状になっていて、かなりキツ目になっていました。
■内容
同上

 

マドリッド(スペイン)の駅サイン

■写真 ■対象
spa_station04.jpg 駅サイン
■場所
マドリッド市内 アトーチャ駅
■状態
分かりやすい位置
■誰のために、誰が作ったか、何のためのものか
市民、国、移動
■ポイント
スペイン語の表示。たまに英語表示もあるが、中途半端。ただし、絵と矢印がわかりやすいため、さほどの問題はない。
■内容
同上

 

マドリッド(スペイン)の駅改札口

■写真 ■対象
spa_station01.jpg
■場所
マドリッド市内 アトーチャ駅
■状態
稼動中
■誰のために、誰が作ったか、何のためのものか
市民、国、移動
■ポイント
スペインの駅はかなり近代的。設備も充実している。こちらは自動改札機。多くのヨーロッパの国は車内で検札をする形式だが、スペインはオートメーション化されている。
■内容
同上

 

エルサレム(イスラエル)のバス

■写真 ■対象
israel03.jpg バス
■場所
エルサレム市内
■状態
走行中
■誰のために、誰が作ったか、何のためのものか
市民、国、移動
■ポイント
前後にかなり長い。市民の足のひとつであるが、爆弾テロが多いため、政府は乗らないように呼びかけているらしい。
■内容
段差がかなりある。